女教師カレンの放課後射精レッスン

情けなく性器を扱く様子を、先生がじっと見つめてくる。

「あははっ、そうよぉ、最後の処理は自分でしないとね、ほら、もっとシコシコ、シコシコ、情けなく扱きなさい」

教室の中で手コキされて、無理やり逝かされて。

残った精液を自分で後処理。



「外からみんなに見られながら、ゆっくりギュッて、トローって、残った精液を搾り出すの♪」

もし誰かが校舎を振り返ったら、この様子を見られてしまう。

「ほらほら、もう少しですよぉ、そうそう、ゆーっくり、ギュッて、おちんぽ君を労りながら、ザーメン出しきっちゃおうね」

先生に後処理するよう命令されて、それに興奮して、

情けなくちんちんを扱いている姿が、丸見えになってしまう。



「あっ、あの女の子達見てみて、君がシコってる情けない顔、今ジーって、何かなって、お外から不思議そうな顔で見てるよ」

先生の指差した先を見ると、確かに女の子達がこっちを見てる。

外からは上半身しか見えないけど、窓の下ではズボンを脱いでちんちんをシコシコしてるのに。

「そうそう、んっ……やんっ♪ うんっ♪」

また一瞬だけ、あの女の子達に全部見られてるのを想像してしまった。

眼の前でシコシコしてる姿を笑われて、そう思うと興奮して。



「よく出来ましたねぇ、偉い偉い、女の子に見られて、もしかして興奮しちゃったのかな、この変態」

なかなか出なかった最後の精液が、ピュッて、吐き出されてしまった。



「ほら、窓から手を離して、やん、その恥ずかしそうな顔が可愛い、じゃ、今度はこっちにこようか」

そう言うと、今度は教卓に向かうカレン先生。

「一通りシコったから落ち着いたわよね、先生はまだムラムラしたままだけど、次は私に奉仕してもらおうかしら」

その顔は少しだけ紅潮していて、息も荒い。

本当に興奮しているのがわかる。



「やっぱり先生は教卓の上が似合うわよねぇ、ほぉら、無様にチンポを晒した生徒の前で、女教師が両足を広げてますよぉ」

教卓の上に座って、何のためらいもなく足を広げる先生。

「この教卓、クンニさせるのに高さがちょうどいいのよ、ほらレッスン再開よ、ここの名称を答えてもらいましょうか」

普段見る事なんてできない……と思ったが、今振り返れば授業中、わざと屈み込んで周りに下着を見せてる時があった。

とにかく先生のいやらしい、スカートの中がすぐ目の前に晒されている。



「わかるでしょお、女の人の一番Hな匂いがする、パンツの中心部分にあるここ、指示棒が指している先、わからないのぉ♪」

さすがに、それを口にするのは恥ずかしい。

「しょうがないわねぇ、大サービス、近づきなさい、先生のお股の前に、顔を持ってきていいわよ」

そう思って躊躇ってると、我慢できなくなったのか先生は手を伸ばして。

スカートの中のあそこに、強くこちらの顔を押し付けてきた。



「うふふっ、あんっ、息が荒いわぁ……んっ……やんっ……Hな染み、可愛い生徒君に見られちゃう」

濃い匂いがして、下着に本当に染みができてる。

「ほぉら、早く答えなさい、先生もう限界、このパンツの奥にある器官、何て名前かしら?」

こっちも抵抗してるのに、押し付ける力が凄く強い。

「んーっ、ねぇ、ほらぁ……むーっ……もぅ……駄目っ……我慢できないわ、あぁん!!」

駄目、このままスカートの中に埋もれちゃう……んっ……んんっ!



「ほぉら、ほら! 何よ、童貞君はこんな所の名前もわからないの、んっ、くはぁ♪」

あそこに顔を擦り付けられて、まるでオナニー器具みたいな扱いで、

甘い声が響く中、無理やり奉仕をさせられてる。

「おまんこよ、おまんこ!! んぁ! ヴァギナ! プッシー! ビッチホール!! んっ、あぁん!! 女の人がクンクンペロペロされて感じる器官、まったくこんなのもわからないのぉ」

普段聞かないような単語が、大きな声で繰り返される。

先生が興奮して、下着をずらしながら直に押し付けてくる。



「罰としてそのまま強制奉仕よ、あぁん♪ スカートの中いっぱいに広がる濃厚な匂い、いかがかしらぁ♪」

女の人のあそこ、それもこんな無修正の、生でみたのは初めてだ。

「そうそう、しっかり舐めないと、このまま窒息させるんだから、淫乱女教師のドスケベホール、しっかり味わいなさい」

訳がわからないまま必死に舐めると、先生がビクビク反応をしてくれる。

「んーっ、んひっ、ひひっ♪ あぁん♪ はぁ、今日はまだオナニーしてないから、感度がいいわぁ、あはんっ」

自分の奉仕が上手いわけじゃない、この先生なら何をしても感じるのはわかってる。

それでも目の前の反応が、声も含めてとてもHで、舐める度にこっちも変な気分になってくる。



「ほぉら、パンツをずらしてあげる、んっ……うふふっ、初めて見る生女性器はどうですかぁ」

完全に下着をずらして、先生のあそこが顕になって。

「とってもトロトロしてるでしょお、そうそう、そのまま舌を出して、んっ、はぁん♪ はぁ、気持ちいいわぁ」

濡れたそこを舐めてると、太ももがぎゅって顔を挟んできた。

「ちゃんとクリトリスもペロペロしなさいねぇ、はぁ……んひっ……あぁん! うんうん、よく出来てますよぉ」

先生の甘い声がずっと教室に響いてる、さっきの僕の喘ぎ声より大きい。

もし隣の教室に誰かがいたら、全部丸聞こえになってそうだ。



「女の子を気持ちよくする勉強もしないと、受験も苦労するんですからねぇ、んっ、んぉ、おおんっ♪」

淫乱教師のオナニー器具になって、あそこをペロペロ。

「だってそうじゃない、女の子はみんな淫乱なんだから、推薦入試の面接だって……んぁ……私が面接官だったら、クンニの上手さで決めるわよ」

初めてのHで、いろいろな事を教えられながら。

無我夢中で、必死に先生のスカートの中で舌を動かす。



「だからもっとペロペロするの! んぉ、んぁ、んあん! いいわぁあ、童貞君をオナニー器具にするの、最高♪」

少し舐めるだけで、先生の体がびくって跳ねて。

「おまんこは逃げませんからねぇ、もっと濃厚キスして、あぁん♪ 無様な童貞奉仕を続けなさいっ」

先生が感じる為だけに奉仕する、いやらしい道具になったような気分。

教室の中でこんな事をしてるのが、まだ信じられない。



「んぁ、んくっ、んふっ……んんっ……んぁん! そうよ、そう、んぁ……あぁん!!」

先生の声が上ずってきた、体が痙攣する頻度が上がってきてる。

「トロトロ愛液が増えてきてるでしょ、んぁ、これはね……んふっ、女の子が逝きそうって合図なの」

本当に愛液がトロトロで、スカートの中が凄い事になってる。

今なら授業中、先生の足から垂れていた何かの正体がわかる、授業前にこの先生は何をしているんだろう。



「ほらほら、だからもっと激しく、んはぁ! そうよぉ、もっと舐め続けなさい」

先生のあそこに頭を押し付けられて、無理やり奉仕して。

「そうすれば体がビクビクしてきて……んぁ……んひっ……んぉ……女の子が……逝くからぁ!」

いつも授業をしてる教室の中で、本当に先生が逝っちゃう。

あっ、んっ……そんな強く押し付けないで。



「んぁ……あっ……あんっ♪ 逝く、逝く逝く逝く!! 童貞クンニで逝っちゃう!!」

無理やり擦り付けられてる……あっ……んっ……んっ。

「あっ……あっ……あんっ♪ んくっ……あっ……んふんんんん!!」

んんっ!!

うぁ……あっ……本当に逝った……教卓の上、愛液でトロトロだ。



「はぁ……あはぁ……んふふっ、なかなかご奉仕は上手じゃない、クンニ成績4はつけてあげるわ」

少しだけ落ち着いたのか、満足した表情で余韻に浸る先生。

「いい感じにオマンコの準備もできたわねぇ、それじゃあ、しましょうか、男と女でするエッチな事♪」

喋りながら、ゆっくりと教卓から降りて、

耳元で僕が期待してた言葉を、ひっそりと囁いてくれる。



「でもね、別にいいのよ、君が、初めての交尾は好きな女の子としたいとか、そういう純粋な気持ちがあるならね」

そんな事ない、この教室で二人きりになって、先生にキスをされた時から、

頭の片隅でずっとHしたいって、思ってた。



「でも気持ちいいわよぉ、先生のビッチホール♪ グチュっておちんぽに吸いついて、そのまま中のトロトロ粘膜で吸い付くの」

先程まで奉仕していた、綺麗な先生の一番いやらしい器官。

「こんなに素敵なおまんこ、普通なら体験できないのよ、ね、したくない?」

したい、何でもするからお願いしたい。



「しましょうよぉ、したいなぁ、君とのセックス、ね、お願い♪」

そう思った瞬間、先生に土下座をして、こちらからセックスをしたいって……頼み込んでいた。



その4へ



小説置き場に戻る inserted by FC2 system