踊り子フィーネの魅惑の筆おろし

舌を伸ばしたまま、踊り子さんがちんちんを咥えこんでくる。

「いただきまーす♪ んふっ……どうですかぁ……人生で初めて……女の人におちんちんを食べられた感想は」

こんなに綺麗な人がちんちんを舐めるなんて、信じられない。

「ずっとこういうのに憧れていたんですよねぇ……街の中でお姉さんのポスターを見て……顔におちんちんを押し付けたいとか思ってたのかな♪」

目の前の光景が、本当に夢みたいで。

暖かくて、舌の感触が気持ちいい。



「ほーら、しっかり見ていいですよぉ……んぁ……踊り子お姉さんのHなフェラ顔……舌先で坊やのおちんちんをレロレロ舐めていますよぉ」

お姉さんの顔、凄くいやらしくてドキドキする。

吸い付いて離れなくて、気持ちよすぎて腰がビクってなる。

「れろれろ……れろれろ……んっ……ちゅっ♪ ちゅっ♪ あぁん、そんな声をあげないでくださいな……興奮してしまいますわ」

あっ、そんな先を舐めないで……声が止まらない。



「今でもこの衣裳の中……汗でムレムレになってるんですよぉ……あはんっ♪ 今の話でまた大きくなった、すごいすごい♪」

本当に、何だか個室の中が暑くなってきた。

お姉さんの汗が凄い……あれだけ激しく踊った後でこんな事をして、近づいたらとても濃い匂いがしそう。

「このタマタマの中で……頑張って精液を作っているのよねぇ……あむっ……お姉さんのHな刺激に我慢しながら……フル回転で子種を量産してるの」

うぁ、タマタマが舐められてる……むず痒い、くすぐったい。

「ん、なぁに? 逝きたいんですかぁ? んふっ……んっ……はっきり言わないとわかりませんよぉ」

これ以上されたら出ちゃいそう、逝っちゃいそう。

やめて、少し止めて、でないと射精しちゃう。



「ほらほら、黙っているとどんどん……お姉さんのおちんぽしゃぶりが早くなりますよぉ」

駄目って言ったのに、お姉さんの動きが激しくなってる。

「どんどんどんどんレロレロして……ちゅって……おちんぽにキス責めしちゃいますわよぉ」

チュって、唇で何回もちんちんにキスされてる。

お姉さんのキスで、ちんちんがマーキングされてる。

「んっ……んぁ……んんっ……あはっ♪ ちゅっ……ちゅっ♪ あらあら、腰が浮いてきてしまいましたわぁん♪」

こんなの耐えられない、気持ちよすぎて体がよじれる。

「ほらほら頑張りなさい……ちゅっ♪ 頑張ってお口を動かして……お姉さんに言葉を伝えなさい♪」

お願い……もう逝かせて。

ピュッって射精して、楽にさせて。

「んふっ? んんっ? んっ……ふんふん……はい、わかりましたわ♪」

やった、逝かせてもらえる。

あれ、お姉さんが顔の上にまたがってきてるけど……うあっ!



「勇気を出した坊やには大サービス♪ お姉さんのお尻で顔面騎乗しながら、甘いバキュームで精液を抜き抜きしてあげる♪」

お姉さんのお尻が、顔に乗ってる

「踊り子の濃厚な下半身の匂い、たっぷり味わってくださいな♪」

匂いが凄い……踊り子さんの濃い汗の匂い。

「んぁ……やん♪ あぁん、今にも逝っちゃいそう♪ お尻の下で呻いている坊やが……助けてって悲鳴を上げてますわ♪」

ギュって押し付けられて、紐みたいな下着の隙間から、小さな穴まで見える。

とても綺麗でクンクンしたい……大きなお尻。



「お姉さんの太ももに挟まれて……お尻の匂いをクンクンして……ピューって……ドピュって……ザーメンだしちゃえ♪」

少しだけ体勢がずれて、今度は太ももが顔に挟まってきた。

目の前にお姉さんの性器があって、下着がほんの少し湿っていて、ギュって押し付けてくる。



「ほらっ……ほらっ……んふっ……逝けっ……逝っちゃえ♪」

下着越しの匂いと。お姉さんの口が気持ちよすぎて、耐えられない。

「んふんんん!! んぁ……んっ……んふんんんっ! んふっ……んぁ……んんっ……んふんっ♪」

舞台の上で、踊り子さんの太ももにギュって挟まれて。

うぁ……駄目……逝っちゃう……あああっ!



「ぷはぁ……んっ……ふふっ、すごい量がでましたわね、お客様♪」

初めて、女の人にピュッてされた。

今まで妄想でオナニーはしてたけど、実際にされると……凄い。

「わぁ、まだ出続けてますわ♪ これは溜まっていたのですね……んっ……まぁ、なんて量なのかしら」

まだ、ピュッって精液が出てる。

お姉さんの体が気持ちよくて、Hな匂いで頭がクラクラして、何がなんだかわからないまま逝かされてる。



「はい、綺麗になりました♪ さぁ、お客様、ベットの上に運んであげますわ」

出し尽くしたのを確認すると、お姉さんが満足した顔で立ち上がる

そのまま手を引っ張られて、ベッドになる大きなソファーの上へ引き寄せられた。

「まだまだ特別ダンスは続きますわよ、お値段分、たっぷり楽しみましょうね、可愛い坊や様♪」

ソファーの上で、目を細めて、お姉さんがHな顔をしたまま見つめてくる。



「はい坊や、初めての射精はどうだった? 怖くなかった?……うんうん、そうなんだ、ふふっ、ゆっくり休んでいいですからね」

夢中で、気がついたら声を出して射精してた、お姉さんに吸い上げられてた。

「お姉さんに寄りかかっていいですよ、あんっ、はぁはぁ息を切らしちゃってかわいいですわ♪」

なんだか息が荒い、踊り子さんを見てるだけで緊張してくる。



「さ、次は何をしたいのかな♪ このおっぱいに顔を埋めたい? お姉さんの暖かい体に抱きついて、胸先をちゅうちゅう吸いたいのかな♪」

綺麗な生地の踊り子衣装。

触ったらスベスベして、とても気持ちよさそうで、ギュって抱きついてみたい。

「うふふっ……えいっ♪ やん、指でつついただけでそんな声出さないでよ」

うぁ、いたずらっぽい目で、お姉さんが突いてきた。



「ほぉら……何恥かしがってるのかなぁ、ん? ここはまた硬くなってきましたわよ、うふふっ」

まるで、こちらの考えがわかるみたいに。

自分の体に手を這わせ、衣装を強調しながら見つめてくるお姉さん。

「理性なんて捨てちゃいなさい……ここは君の全てをさらけ出していいお店なの」

もっと触りたい、踊り子さんの衣服に、暖かい体とスベスベの生地に。



「んっ……んぁ……いい子ちゃんになるのはやめて、好きな事しましょ、ね♪」

気がついたら手を伸ばして、誘われるまま、踊り子さんの体を触っていた。



その3へ



小説置き場に戻る inserted by FC2 system